ようこそ実力至上主義の教室へ

この記事の所要時間: 256

参照:http://you-zitsu.com/

昨日の恋と嘘に引き続きでこちらも今期の番組なので

そろそろ終盤に差し掛かっているんですけど

個人的にオススメ作品なので書いておこうかと思います。

原作はKADOKAWAMF文庫Jで2015年から

刊行されている小説なんですね。

あまり言いたくないところなんですが

どうしてもKADOKAWA原作のアニメって

爆死してる印象が拭えなくてですね。。。

個人的に大好きな声優さんが毎度毎度

主題歌を担当するもののほとんど話題に

上がらないという寂しいことが結構あったので

今回はどんなものかと思ってたんですけど

この作品は一味違いましたね!

原作未読なのでそちらはどうかという部分はありますが

アニメに関しては監督が岸誠二さんという時点で

自分としては間違いなく面白いやつだ!!と確信しました。

岸さんと言えばこれまでAngel Beats!だったり

ペルソナ4のアニメだったりと手がけてこられてるんですけど

個人的には演出などなど全てがツボに入って

毎度心の底から楽しませてもらってきたのもありまして

きっと今回も大丈夫だろうという根拠のない安心感が(笑)

さて、録りだめてたものを一気に見ていったんですけど

1話の時点でグッと引き込まれちゃいましたねー!

そうそう、あらすじを書いてなかったんですけど

就職率、進学率が100%の学校に進学した主人公たちが

最下位のクラスからトップへ登りつめるまでの話です。

もちろん、そうそう簡単にはいかないし

これって学校生活関係あるん!?とツッコみたくなる行事も山盛り

終日監視されているしプライバシーとか

倫理的にどうなのかって部分も多々あるんですけど。

逆にここまでやるからこそ就職も進学率も100%という

とんでもない結果が出ているとも言えるのかもしれないなと。

きっと就職も進学も出来ない層に対する対策で裏の側面もありそうですが

そこら辺は尺的にアニメだと明かされなさそうですね。

そんな世界観の中での学校生活を描いてるんですけど

第1話の導入がさすがだと思いました!

そりゃ、今まで10万円なんて大金を手にしたことない

学生がいきなりポンと10万円を渡されたら

全部使うやつも出てくるのは仕方ないよなと思いました。

そこからの一転してのシリアス展開で

ストーリーの持っていき方も演出もさすがの一言でした。

そこから現在10話まで戦略を用いた

戦いであったり交渉であったりと

およそ学園生活とは程遠い場面も多かったものの

楽しめるものに仕上げてあったので今のところ

毎回、楽しませて貰ってます。

残すところ数話というとこかと思いますが

どういったエンディングを迎えるのか

見逃さないように気を付けて追いかけて行かなきゃですね! 

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告大