さユり 4度目のアニメ主題歌「月と花束」悩み逡巡しながらも前へ進む姿を描いた歌詞!

Fate/EXTRA Last Encoreのエンディング曲ですね。

歌ってるのはさユりさんなんですけど

徐々に名前を見かけるようになってきた印象です。

どんな方なのか曲と共に紹介してみようと思います!

作品紹介記事はこちら↓

f:id:matuka1004:20180330214935p:plain

参照:http://tsukitohanataba.sayuri-web.com/

1.さユりさんはどんな方?

元々は地元福岡を中心に音楽活動をされてたようで

徐々に広島、大阪と様々な土地での

路上ライブを行うようになったんですね。

2012年にヤマハ主催のコンテストで

グランプリを受賞したことがきっかけになり

翌年には東京へ上京したようです。

その後、2015年にデビューシングルを

リリースしたんですけど

1枚目からタイアップがついてまして

アニメ乱歩奇譚Game of Laplace

エンディングで流れてましたね。

自分がこの曲は!って思ったのは

かなり最近で昨年2017年に放送された

クズの本懐のエンディング曲だった

平行線だったのかなと。

それまであったタイアップ曲も

作品本編の終わった後流れた時に

とても印象に残ってて

どんな方が歌ってるんだろう?

とても気になったんですよ。

個人的にも気になるなと思ってたら

朝ボケーっと見てためざましテレビの

芸能コーナーで特集されたりと

この曲のあたりでメディア的にも

注目され始めた時期だったのかもしれません。

今現在までにシングル6枚にアルバム1枚

デビューされて3年経たないくらいで

これだけのCDリリースされてるって

かなり凄いことなんじゃないかと思います。

詳しく知りたい方はこちらもどうぞ!

酸欠少女さユり公式サイト

〔 酸欠少女 〕 さユり(@taltalasuka)さん | Twitter

2.この曲の作詞、作曲は?

今回の曲はどなたが作詞、作曲されてるのか

調べてみたら驚きましたね。

さユりさんご自身で作詞も作曲もされてたんだ!と。

これまでリリースされた曲も

ほとんどが自分での作詞作曲

僕だけがいない街のエンディング曲と

4枚目のシングルフラレガイガールは

楽曲提供があったようですね。

どのアーティストさんの曲にも

言えることかもしれませんが

歌詞、曲とご自身で作られて

自分でボーカルを担当されてると

曲を通じて聴く人へ伝えたい部分

全く齟齬なく伝わってくるような

そんな感じがするなと。

3.月と花束はどんな曲?

さて、肝心の曲の話なんですけど

歌詞に関しては今回もブレずに

さユりさんの世界全開

なかなか理解するのが難しい気がします。

数回聴いただけじゃ分からないからこそ

何回も何回も聴いてみたくなる

そんなところもさユりさんの曲の

魅力の1つなのかなと思ったり。

そんな歌詞へ思いの丈を込めて

最初から最後まで息つく間もなく

歌い上げてるそんな印象ですね。

酸欠少女さユりってキャッチコピーは

伊達じゃないというのはこれまで

リリースされたどの曲を聴いてもらっても

とにかく全身全霊をかけて歌ってるところから

感じ取ってもらえるんじゃないかと思います。

今回の曲はどこか寂しげな雰囲気が漂ってるんですが

そんな中にも一縷の希望を求めて必死に

もがいているそんな姿が目に浮かんでくる辺り

曲の持ってる世界観がほんとに強烈ですね。

ここまでつらつらと書かせてもらいましたが

この方の曲に関しては頭で考えるよりも

感覚的に楽しんで貰った方が

より堪能してもらえるかもしれません。

今年もこれから後どんな曲を

聴かせてもらえるのか

今から楽しみなところですね!

と花束ダウンロードはこちらからどうぞ

月と花束

レクタングル広告大
レクタングル広告大

フォローする

レクタングル広告大