アサシンズプライド OP「Share the light 」更にキレの増したRun Girls, Run!のダンスが堪能できるMV

2019秋アニメ主題歌

2019秋アニメの1本だった

アサシンズプライドのOP曲ですね。

 

Run Girls, Run!(以下ランガ)にとっては

2019春のキラッとプリチャンOP以来

半年ぶりのアニメ主題歌となるんですが

どこら辺が見どころ、聴きどころになりそうか

紹介していきたいと思います!

 

アサシンズプライド、キラッとプリチャン紹介記事はこちら

 

 

Run Girls, Run!を詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

 

引用:© avex

 

1.暗闇に暗躍する3人組

Run Girls, Run! / Share the light

引用:© avex

 

趣向を凝らしたMVが毎回1つの見どころなんですが

今回もアサシンズプライドって作品の要素を

ふんだんに盛り込んだ映像となってます!

 

これまでのMVって明るい雰囲気が多かったんですが

そこから一転して夜の教会で妖艶に歌い踊る

ユニットへの印象がガラッと変わりましたね。

 

アサシンズプライドの主人公は暗殺者ということで

主な活躍の場はやはり夜闇の中ってこともあり

作品と映像がリンクしてて後から見た時に

何の作品の主題歌だったのか関連して

覚えるからすぐに思い出せそうです。

 

今回のMVで特に注目して見て貰いたいのが

表現力の増したキレッキレのダンスですね!!

 

ここに至るまでキラッとプリチャンを始めとして

ダンスにも力を入れてきたユニットなんですけど

今回の曲は主人公とヒロインの一筋縄ではいかない

関係性を綴った曲ということもありダンスも

より細やかな表現を要求されたと思うんですが

そこら辺を見事に体現されてるので一見の価値ありですよ。

 

ちなみにこちらのMVのフルverは

CDに付属のブルーレイに収録されてるので

気になる方は手に取ってみて下さい!

 

 

2.この曲の作詞、作曲は?

この曲はどなたが作詞、作曲されてるのか

気になったので調べてみることに!

 

作詞 只野菜摘さん

作曲 田中秀和さん

 

作詞は1stシングルの時からランガの楽曲を

数多く作詞してこられてる只野菜摘さんですね。

 

今回の曲に関してもアサシンズプライドって

作品をパッと連想できるようなワードが

最初から最後まで程よく取り込まれてて

耳にするとアニメの場面が浮かんで楽しいんですよね。

 

只野菜摘さんを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

 

作曲は田中秀和さんが担当されてます。

意外にもランガへ曲を提供するのは初なんですが

これまでも聴けば、1発でその作品を思い出せる

アニソンを数多く製作されてるのもあって

今回のShare the lightもドンピシャな1曲となってます。

 

田中さんって本当にすごくてアイドルソングから

今回のようにどこか哀愁漂うような曲まで

どんな曲でも見事に仕上げておられて

作曲担当してると聴くとつい聴きたくなるんですよね。

 

田中秀和さんを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

 

 

3.Share the lightはどんな曲?

さて、肝心の曲の話なんですけど

大人びた雰囲気で聴き入りたくなる

そんなタイプの曲なんですが

ライブで盛り上がれる部分も盛り込んであって

絶妙なバランス感が素晴らしいんですよね!

 

こういった曲って世界観を重視すると

なかなかコールを入れるのも難しい中

邪魔しない程度にサラッとsure sureと

コール出来る部分が差し入れてあって

詞の綴り方は流石の一言だと感じました。

 

曲も切なさを感じる部分があると思えば

オシャレなメロディの部分もありと

1つの曲でいくつもの側面を魅せてまして

何度も聴きたくなるんですよね!

 

流石はヒットメーカーの田中秀和さんと

言いたくなる匠の技が満載の1曲となってるので

じっくりと聴いて見て欲しいと思います。

 

そんな楽曲もなんですけど

何と言ってもランガの3人組の

表現力の成長ぶりが著しいんですよね。

 

2年前にデビューした時は

かなり粗削りな感じだったんですが

活動を積み重ねる中で研ぎ澄まされてきてて

ボーカルもグッとくるところがあったり

今回の曲も聴きどころが多いと感じました。

 

ユニットだと表現の仕方が難しい

雰囲気重視の曲ながら

3人の全力パフォーマンスにより

アサシンズプライドの世界が

曲の中に鮮明に描き出されてるんですよね。

 

聴けば聴くほど、魅力的な部分が見つかる

そんな1曲に仕上がってるので

是非、何回も聴きこんでみて欲しい1曲です。

 

コメント