かなしいうれしい

アニソンってのをブログのコンセプトに

あげときながらほとんど書けてなかったので

前期の主題歌にはなりますが

書いてみようと思います。

f:id:matuka1004:20171004204640j:plain

参照:http://frederic-official.com/

今回、書かせてもらうのは

アニメの紹介記事は書かせて

もらってるんですが

恋と嘘」の主題歌だった

フレデリックが歌ってる

「かなしいうれしい」です!

そもそもフレデリックって

どんなバンド?というところから

気になるところなので1つずつ

書いてみることにしようと思います。

スポンサードリンク

1.フレデリックってどんなバンド?

調べてみたらボーカルとベースが双子で

その二人が高校時代に所属してた軽音楽部の活動が

源流のようで本格的にフレデリックとして

メンバーを集めて活動を始めたのは大学生以降なんですね。

音楽のジャンルとしては自分も今回の曲で

初めてフレデリックの曲を聴いたわけなんですけど

どこか懐かしさを感じると思ったら

80年代のインディーテイストが盛り込んであったり

バンドメンバーの元々やってた音楽のジャンルが

多種多様だったのもあっていい意味でごった煮な

面白い曲を作っているバンドのようですね。

メジャーデビューしてからはまだ1年ちょっとのようで

新進気鋭という言葉がピッタリかもしれません。

ちなみにあの曲の作曲してたんだ!?って思ったのが

暗殺教室の主題歌「バイバイYESTERDAY」ですね。

言われてみればイントロから今回の曲に通じるような

メロディで何だか納得という感じでした。

スポンサードリンク

2.これまでのタイアップは?

今回、アニメ主題歌だったんですけど

これまでは何かしらタイアップあったのかなと

気になって色々と見てみたんですけど。。。

アニメでいくと山田君と7人の魔女や

ゾンビ猫の主題歌を担当されてたようで

アニメタイアップは今回で3度目のようです。

他にもドラマ主題歌やニュース番組など

幅広くタイアップしてこられたみたいですね。

スポンサードリンク

3.かなしいうれしいはどんな曲?

今回のタイトルに持ってきてるんですけど

肝心のかなしいうれしいって曲は

どんな曲なのかというところですね。

曲に関してはどんなバンドかというところでも

少し書かせてもらってるんですが

80年代のインディーロックの要素が強いのかなと

最近の流行りとは一線を画してる気がします。

歌詞に関しては是非とも本編を見てから

改めてしっかりと聴いてもらいたい!と

声を大にして言いたくなる

作品の内容を踏まえて書いてあって

ファンでも納得の作品じゃないかと思います。

今回、この記事を書くにあたって

色々と見て回ってたら再来週

10月18日に「TOGENKYO」って

ミニアルバムが発売されるようです。

かなしいうれしいで気になるバンドの

1つになったのでミニアルバムも

是非とも聴いてみなきゃですね!

公式サイトはこちら↓

レクタングル広告大

スポンサードリンク

レクタングル広告大

スポンサードリンク

フォローする

レクタングル広告大

スポンサードリンク