ラディアン 作者はフランスの漫画家!監督はヒットメーカー岸誠二!

この記事の所要時間: 545

この夏は中国の作品が原作の

アニメがいくつか放送されてて

段々と日本のアニメも国際化の波が

きてるのかなと感じるところもあったんですけど

今度はフランス出身の漫画家さんの描かれた

漫画が原作のアニメのようですね!!

今回、アニメ化されるということで

初めて見かけた作品なんですが

どんな作品なのか見どころになりそうな部分と共に

紹介してみようと思います!

参照:http://www.nhk.or.jp/anime/radiant/

スポンサードリンク

1.原作はトニー・ヴァレント!

失礼ながら今回初めて名前を見かけて

調べてみたんですけど

この方、大の日本漫画好きなんですね。

ドラゴンボール、ワンピース、鋼の錬金術師と

日本でも大人気な漫画が好きみたいで

特にドラゴンボールは現在の作風にも影響した

重要な作品の1つなんですね。

2004年から漫画を描かれてまして

これまでに今回紹介してる

ラディアンも含めて4作品を発表してるようです。

フランスの漫画事情に詳しくないので

凄いのかどうなのかイマイチ分からないところも

あったんですけど調べてたらそこら辺を

詳しくまとめてるページがあったので

興味がある方は合わせて読んでみて下さい!

ラディアンに関しては2015年から

日本語翻訳版が出版されてまして

今現在で8巻まで発売されてるようです。

翻訳版の漫画って簡単に読めるのかと

気になって調べてみたんですけど

普通に漫画配信サイトでも読めるし

Amazonなんかでも販売されてるんですね。

気になる方はアニメ放送前に

そちらを読んでみるのも良いかもしれません!

全巻取り扱ってるサイトはこちら↓

スポンサードリンク

2.監督は岸誠二さん!

この方を初めて知ったのは

Angel Beats!だったんですが

シリアスなストーリーとギャグが

とんでもない絶妙なバランスで同居してて

前半と後半の良い意味での差が凄かったんですよね。

シリアス展開の中にも

クスッと笑える要素を

サラッと盛り込んでいたりして

一気にファンになったのをよく覚えてます。

監督としては2003年から

様々な作品を手掛けてこられてまして

Persona4 the ANIMATIONだったり

結城友奈は勇者である

最近ではようこそ実力至上主義の教室へ

岸さんが監督されてたんですよね。

ようこそ実力至上主義の教室へが気になる方はこちらもどうぞ!

この夏クールに放送されてるアニメでも

監督を務めておられるんですけど

あそびあそばせってギャグ満載な作品で

これまた岸さんの持ち味を存分に発揮されてそうで

放送が楽しみなところじゃないでしょうか。

あそびあそばせ紹介記事はこちら↓

なかなか監督の魅力を十分に伝えることが

できないところではあるんですけど

気になる方はこちらも合わせて読んでみて下さい!

スポンサードリンク

3.内容が充実しすぎなPV!

公式サイトで既にPVが公開されていたので

見てみたわけなんですけど

毎クール数多くの作品があって

それぞれPVが公開されている中でも

このPVを超える充実ぶりは見たことないですね。

アニメ映像が見れるのはもちろんのこと

監督を始め、音響、制作の方など

クリエイターさんへのインタビューも見れて

声優陣のキャラクターを演じる上で

考えたことなどの意見も聴けるという映像で

ブルーレイか何かの特典と言われても

不思議じゃないくらいの内容だと思います。

普段、アニメ作品に触れる時って

放送前にクリエイターさん達の話を聴くことは

なかなかないと思うんですけど

この作品に関しては事前に作品のことを

聴くことができて新鮮な印象ですね。

そうそう、ラディアン作者の

トニー・ヴァレントさんからの

メッセージも収録されてるので

気になる方は一度見てもらえたら

この作品の良さを知ってもらえると思います。

放送情報も更新されていたんですが

NHK Eテレ 10月6日(土)17時35分~

全21話で放送予定のようです!

今のところ配信に関しては発表されてませんが

恐らくはNHKの公式配信サイトで

配信されるんじゃないかというところでしょうか。

また、はっきりと分かり次第で更新していきたいと思います。

アニメ公式サイトはこちら↓

レクタングル広告大

スポンサードリンク

レクタングル広告大

スポンサードリンク

フォローする

レクタングル広告大

スポンサードリンク