ずっと前から好きでした。~告白実行委員会~

この記事の所要時間: 254

さて、今日から同じ作品シリーズの

アニメがBS11などで放送開始になるということで

AT-Xで先駆けて映画として上映されてた分が

まとめて放送されてたのでどんな内容で

どこら辺が見どころなのか紹介してみようと思います!

f:id:matuka1004:20171124215615j:plain

参照:http://www.honeyworks-movie.jp/1st/

スポンサードリンク

1.原作はHoney Works!

数年くらい前からですかね。

アニメ関係の楽曲を積極的に提供されてて

よく名前を見かけるようになったんですけど。。。

そもそもこのHoney Worksって

どんなグループなのかというところから

簡単に紹介してみようと思います。

元々、ニコ動ユーチューブなどの動画投稿サイトで

活動されてるクリエイターユニットなんですね。

現在は10名のメンバーがいるようです。

今作、ずっと前から好きでした。

初出しはHoney Worksメジャーデビューアルバム

タイトルとしてつけられた名前で

そこから小説、コミックなどなど

メディアミックス展開してるようです。

というわけで、自分も知ったのが

CHiCOさんをボーカルに迎えた後だったので

音楽メインのユニットかと思ってたら

予想以上に多方面に展開してて驚きましたね。

スポンサードリンク

2.キャラクターが生き生きと動いてる。

自分もこの作品を知ったきっかけは

嫁さんから教えられたという形だったんですけど

絵はかわいい系だし扱われてる題材も

恋愛物というところできっかけがなければ

男だとなかなか手が伸びないジャンルじゃないかと思います(笑)

そんなきっかけで見てみたんですけど

いやはや、Honey Worksさんの凄さを痛感しました。

作中の各キャラクターの性格だったり

それぞれの関係性とかその辺りが細かく描いてあって

心の動きとかその辺りについつい共感してしまったり

頑張れーと応援したくなる部分があったりと

楽しみながら見てたらあっという間の1時間でした。

元々、音楽が企画の出発点ではあるものの

きっとその時点で各々のキャラクターの設定をはじめ

色々と考えて作ってたんだろうというのを感じさせる

作りこみぶりで見終わった後の充実感が素晴らしかったですね。

スポンサードリンク

3.何と言っても楽曲が素敵!!

このずっと前から好きでした。は原点が

音楽なのもあるとは思いますけど

オープニングから映像とピッタリはまってて

ここ最近見たアニメの中でも群を抜いてると思いました!

エンディングもスフィアをボーカルに迎えた

力作なんですけどこれまた1時間の恋愛映画を見終わった後に

最後の最後までキュンとさせてくれるような

そんな楽曲で良い感じの後味を残してくれましたね。

今回紹介したのは映画第1弾だったんですけど

第2弾の方もまた違った良さがあったので

そちらも別記事で紹介させてもらおうと思います。

レクタングル広告大

スポンサードリンク

レクタングル広告大

スポンサードリンク

フォローする

レクタングル広告大

スポンサードリンク