ユリシーズ アニメOP「リベラシオン」渕上舞さん 2期連続の主題歌はどんな曲?

2018秋アニメ主題歌

2018夏クールに放送されていた

プラネットウィズのOPが

デビューシングルで紹介させて貰ったんですけど

その時調べてたら、まさかの2期連続での

OP担当でかなり驚いたんですよね。

 

今回の曲はどこら辺が聴きどころなのか

紹介していきたいと思います!

 

プラネットウィズ紹介記事はこちら

 

 

引用:© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.

 

1.ストーリー仕立てのMV

渕上舞さんも今回で2枚目のシングルなんですけど

前回、Rainbow Planetの時もMVを制作されてて

そちらは曲の世界観に合わせた月、星など

天体関係の背景が非常に印象的だったんですよね。

 

その時のMVはどちらかと言えば

幻想的というか非日常感が強くて

ここ最近見たMVの中でも

変わり種なMVだと感じた覚えがあります。

 

そこから一転して、今回のMVなんですが

街中と工場地帯で撮影されていて

雰囲気がこれまたガラッと変わったなと

良い意味で意表を突かれましたね。

 

映像中には二人の渕上舞さんが登場してて

最終的には相対することになるんですが

一方は伸び伸びと開放的に歌っていて

もう一方はどんよりと沈んでいる感じで

歌詞に描かれている情景を画にすると

こんな感じなのかなと考察しながら見させて貰いました。

 

公式でフル配信されているので

まだ曲を聴けてないって方も

まだMV見れてないって方も

是非、一度は見てみて下さい!

 

渕上 舞「リベラシオン」

引用:© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.

 

2.この曲の作詞、作曲は?

今回の曲はどなたが作詞、作曲を担当されてるのか

気になったので調べてみることに!

 

作詞は渕上舞さんご自身松井洋平さん

共作になってるんですよね。

 

声優さんで自分で作詞されてる方って

珍しいとつい先日、寺島拓篤さんの曲の紹介の時に

書かせて貰ったところだったんですけど

渕上舞さんもご自身で書かれてるんだなと驚きました。

 

寺島拓篤さんの曲が気になる方はこちらもどうぞ!

 

ちなみにこれまでどのくらい作詞されたのか

気になって調べてみたわけなんですけど

デビューCDとなったアルバムの時点で

全12曲の半分の6曲を作詞されてて

かなりの経験を積まれてたんですね。

 

一緒に作詞をされた松井洋平さんに関しては

以前、他の曲の紹介記事で詳しく紹介させて貰ってるので

気になる方はこちらも一緒にどうぞ!

 

 

作曲に関しては先日書かせて貰った

佐咲紗花さんSCARLET MASTER

作曲されているKOHTA YAMAMOTOさん

作曲を担当されてますね。

 

この2曲を聴き比べても驚くんですけど

一方は和のテイストが感じられる曲で

もう一方のこちらの曲はどこか欧州のような

雰囲気を感じられるということで

音の使い方なのかもしれませんが

同じ方の曲なのにギャップがあって

聴いてて面白いと感じました。

 

KOHTA YAMAMOTOさんを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

 

3.リベラシオンはどんな曲?

さて、肝心の曲の話なんですけど

2曲続けてどこか切なさを感じる

そんな歌声が印象的だと思いました。

 

前回、主題歌を担当したプラネットウィズ

今回、主題歌を担当してるユリシーズ

どちらも戦うことが主軸にある作品

どうしても命を落とす人が出たり悲劇が

避けられないような作品だからですかね。

 

もちろん、切ないだけに止まらず

その感情を踏まえた上での

凛とした力強さも伝わってくるような

そんな歌い方でMVで視覚的に見て貰うと

ストレートに伝わってくると思うんですが

本当にカッコいいんですよ!!

 

ボーカルもなんですけど

ご自身で書かれてる歌詞も注目点で

ストーリーの根幹を捉えつつ、ここまで実直に

熱い想いを表現することができるのか!?

聴けば聴くほど凄さがひしひしと伝わってきますね。

 

どこか欧州らしさを感じたと

先立って書かせて貰ってるんですが

よくよく聴き込んでみたら

ヴァイオリンの音色

かなりの存在感を放ってました。

 

こうやって書かせて貰ったら

詞と曲とボーカルとまさに三位一体で

1つの楽曲に仕上がってると感じられる

聴きごたえのある曲じゃないかと思います。

 

コメント