Dies irae クラウドファンディングを活用したアニメ!一体どんな作品? | アニドラブログ

Dies irae クラウドファンディングを活用したアニメ!一体どんな作品?

2017秋アニメの1本でした。

最近だと0話が放送されるアニメも

たまにあるわけなんですけど

今作は0話と1話の違いが凄すぎて

呆気に取られましたね。

どんな感じの作品か紹介してみようと思います!

f:id:matuka1004:20171015134345p:plain

参照:http://diesirae-anime.com/

1.原作は10年前発売のゲーム

何だか作風を見たことあるような。。。と

感じつつ見てたわけなんですけど

調べてみたら納得しました。

10年前に発売されてたPCゲームが

原作だったようできっと雑誌か何かしらで

ビジュアルとかあらすじくらいは

目にしてたと思うのでそのためかなと思います。

後はほんと同年代の方なら分かるわーって

言う方が多いんじゃないかと思いますけど

ヒロインの声が榊原ゆいさんだったんですよ。

最近はあまり声優の仕事はされてないみたいだし

そこでふとよくわからん直感が働いて

多分、PCゲーム原作だよねー!と思いつつ

答え合わせしてみたら正解だったという。

原作ゲームが気になる方はこちらからどうぞ

2.クラウドファンディングでの制作費集め

さて、前項で書かせて貰ったんですが

何で10年も前に発売されたゲームが今になって

アニメ化されたんだろうかという話なんですけど。。。

原作ゲームを制作されてたゲーム会社の「light」が

2015年で15周年になったそうで

記念にクラウドファンディングで3000万集まったら

アニメを制作しますと製作費を募ったところ

期限の2か月を大幅にぶっち切っての

まさかの23時間で集まってしまったそうです。

その辺りにファンの方々が多いってことと

その時点でも発売から8年経ってたのに

アニメ化してほしいと熱望されてたというのが

はっきりと表れているんじゃないかと思います。

最終的には1億円近く集まったそうで

潜在的な需要を発掘できた

成功例の1つかもしれませんね。

3.第0話から見るとより楽しめる

1話からの本編の舞台は日本なんですけど

そもそもの話の原点は第2次世界大戦の終結の頃で

普通に見てたら結びつけにくいところなんですよね。

そんなわけで今作は0話で原点の部分を

放送してくれているわけなんですけど

そちらは綺麗な作画でよく動く!!

まさに異能力バトル物を地でいってる感じでした。

まだまだ1話の時点では主人公の

特殊能力が発言している様子もなく

そこの部分と全く結びつかないんですけど。。。

過去にそういった事件があって

今回の物語につながってるというのは

作中で徐々に明かされるのもそれはそれで良いんですが

こうやって最初にしっかりと描いて貰えると

これからのストーリーが理解しやすいと思うので

構成の仕方としてはありがたいかもしれませんね。

ちなみに予定ではテレビで12話放送された後

残り6話はネットで配信の予定みたいですね。

そこら辺もこれまでなかった感じで新鮮な気がしました。

テレビ放送は終わってしまってますが

配信に関してはU-NEXTであれば

同時期に放送されてた作品もかなりの数配信されてるので

まとめて見るのに便利でオススメだと思います!

U-NEXTを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

ここまで見てきた中で

今期も特殊能力バトル物が

結構あるなと個人的には思うんですけど

しっかりしたストーリーのある作品が好きな方には

オススメできるんじゃないかと思います。

作品公式サイトはこちら↓

 
レクタングル広告大
レクタングル広告大

フォローする

レクタングル広告大