アニメ

この記事の所要時間: 349

今回のタイトルの内容も

最初の自己紹介の時に少し書かせてもらったんですが

より詳細に語らせてもらえたらと思います。

振り返ってみれば鹿児島にいた学生当時は

鹿児島のアニメ放映状況というのは田舎だから

仕方ないんですけど少年漫画原作と

子供向けくらいしか放送されていませんでした。

アニメディアなどのアニメ情報誌に

掲載されているようなこれが現在放送中のアニメだ!!って

内容のアニメは残念ながら1本もなく。

趣味の合う仲間同士でぼやいてた覚えがあります。

そんな状況の中で徐々にではありますが

鹿児島のテレビ局にも変化が表れてきたのか

これまでなら放送されなかったであろう深夜アニメが

数本ですけど放送されるようになりました。

これが確か中学2,3年の頃だったと思います。

もちろん、深夜の放送なのでリアルタイムで見るのは難しくて

当時はビデオテープに録画してたものを学校から

帰ってから見るというような感じでした。

関東圏よりは遅れての放送だったものの

実際に放送されて視聴できるというのが

当時の自分にはとても嬉しかったし

このことが影響してそれまでも聴いてた

東京や大阪のラジオの電波頑張って拾って

より熱心に聴くようになりました。

ラジオに関しては今ではrajikoだったり

yutubeを利用すれば苦労せず聴くことができる

時代になったので今となってはいい思い出ですね。

さて、そんな自分が初めて見たアニメって

何だったんだろうと記憶の糸を辿ってみると

勇者エクスカイザー

参照:http://king-cr.jp/special/exkizer/

だったんじゃないかと思います。

ちょうど土曜日の夕方5時から放送してて

毎回、その時間はテレビの前にかじりついてた気がします。

その時って小学校1年くらいだからまだ7歳とか

そんなものだったんですよね。

そう考えたら既にその頃からアニメ好きの素質は

あったのかもしれないなーなんて思います。

そんな学生時代を得て社会人になったんですが

これまで数本しか見れない世界にいた人間が

突如として1クールに50本近く放送しているような

地域に出てしまったもので嬉しい反面戸惑いもありましたね。

そこからは録画しつつ仕事の休みに見ていくように

なったわけなんですけど知り合いのいない土地で

独り暮らしだったのもあってどっぷりと浸かりまして

ほんと、休みの日の大半は引きこもってた覚えがあります(笑)

都会だったので駅の近くにはアニメイトなんかの

グッズショップなんかもあってCDを買いに行ったり

今振り返れば充実したアニオタライフを送ってました。

アニメ好きにとって愛知って土地で良かったのは

他にもありまして街中に映画館があったので

この頃から上映が増えだした劇場版アニメも

見に行こうと思えば気軽に見に行けてました。

様々な点から振り返ってみると愛知県って

アニメ好きが暮らすには文句のつけようのない

楽園だったんじゃないかと今更思いました。

その後、仕事の異動で山口県へ引っ越したんですが

この時にはBSでのアニメ放送本数もかなり増えていたし

田舎だからと割り切ってスカパーのAT-Xやアニマックスを

契約したのもあって田舎ながらにアニメを楽しめる環境を

自分なりに整えることができたのでそんなに変化はなかったですね。

今現在は二転三転あって広島に住んでいるのですが

山口で作り上げたアニメ視聴環境があったので

毎日快適なアニオタライフを送れています。

以上、アニメに関してはこんなところでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告大